oosaka のすべての投稿

花粉成分含んだコメ食べると花粉症が緩和 慈恵医科大

花粉成分含んだコメ毎日食べると花粉症が緩和  慈恵医科大

スギ花粉症の成分を含ませたコメを毎日食べると、花粉症を起こす体の免疫反応が抑えられたとする研究結果を、東京慈恵会医科大などがまとめた。免疫細胞が少しずつ花粉に慣れ、花粉を”異物”と認識しなくなった可能性があるという。

研究チームは、コメから抽出した成分を薬として実用化することを目指している。このコメは農業生物資源研究所や日本製紙、サタケが遺伝子組み換え技術を使って開発した「花粉症緩和米」。花粉症患者30人を解消に効果を調べた。この結果、緩和米80㌘を毎日食べた人は、花粉の飛散が始まってもスギ花粉に反応する免疫細胞がほとんど増えなかったのに対し、普通のコメを食べた人は研究開始時に比べ3~4倍に増えていた。また、緩和米を食べた人に副作用はとくになかった。

加熱卵白がノロウイルスに有効 キューピーなど

加熱卵白がノロウイルスに有効 キューピーなど

キューピーは東京海洋大と共同で、鶏卵の卵白に含まれるたんぱく質を加熱すると、食中毒を引き起こすノロウイルスを不活性化する機能が得られることを実験で突き止めた。たんぱく質の作用でウイルスの遺伝子を包み込む殻が破壊されるという。消毒用スプレーなどとして来年度中の実用化を目指す。研究チームはヒトのノロウイルスの代替となるマウスのノロウイルスを使い実験した。

すべてのナシ品種を結実 自家和合性苗木育成 農研機構

すべてのナシ品種を結実 自家和合性苗木育成 農研機構

農研機構果樹研究所は、すべてのナシ品種を結実させる花粉をつくる二ホンナシ系統を作出した。ガンマ線を照射した「幸水」ナシから取った花粉を無照射の「幸水」ナシに授粉して、自分の花粉だけで受精できる自家和合性の苗木を育成した。一般のナシは自分の花粉では実がならないため人の手を介して人口授粉する必要があり、作業労働が重荷になっている。この苗木の系統を交雑に用いることで、自家和合性のナシや授粉専用の花粉を生産する専用ナシを育成できるとしている。

土壌の湿潤度を遠隔監視 大起理化工業が測定器開発

土壌の湿潤度を遠隔監視 大起理化工業が測定器開発

大起理化工業(埼玉県鴻巣市)は、土壌の湿潤度を遠隔監視するための無線機能を搭載したコンパクト測定器「オールインワンテンシオメータ」を開発した。無線方式はブルートゥースとジグビー対応式で2機種に分かれ、ジグビー式は別途用意した太陽光パネル搭載の基地局を通じたインターネット接続による監視が可能。基地局へは最大で20台の同湿潤計を接続できる。2015年6月の発売予定で、価格は湿潤計1台で7万円(税抜き)から。初年度1000台の販売を見込む。基地局の価格は100万円を予定。農業での土壌湿潤度や鶏舎地における土砂崩れ危険度の監視などに利用する。

農研機構 土壌病害に強い台木用トウガラシ新品種を育成

農研機構 土壌病害に強い台木用トウガラシ新品種を育成

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、土壌病害に高い抵抗性を持つ台木用トウガラシ新品種「L 4台パワー」「台ちから」を育成した。L4台パワーはパプリカ、台ちからは酒の肴(さかな)に使われる甘長トウガラシの接ぎ木苗に主に用いる。ピーマンやトウガラシ栽培では青枯れ病や、土壌伝染で枯死する疫病の発生が問題になっている。台木用の新品種を使えば接ぎ木栽培の苗を安定生産でき、パプリカや甘長トウガラシの国産化率向上につながるとしている。

立命大 農地改善技術の普及へ 自治体・企業と連携

立命大  農地改善技術の普及へ 自治体・企業と連携

立命館大学は、イオングループや京都府などと共同で、農地を改善して生産性を高める独自技術の本格普及に乗り出す。すでに実証実験で農作物の収量が増えるなどの効果を確認しており、濃業参入を検討する企業や、農業による地域振興を目指す自治体からの関心が高く、様々な支援策を展開する考えだ。

同大学の久保幹教授らのグループが確立した土壌の肥沃度を診断する「SOFIX」と呼ぶ手法を普及させる。窒素、リン、カリウム、微生物といった農作物に欠かせない成分の量などを分析し、必要に応じて落ち葉や牛ふんなどの有機材を混ぜて土壌を改善する。有機農法の生産効率を高め、農家の収入向上につなげる。JAおうみ富士(滋賀県守山市)の試験農場で土壌改善後にトマトなどを栽培したところ、品質向上を確認。イオングループの兵庫県三木市の大規模農場でも、条件を変えてキャベツを育て収穫量が1.4~2倍になることを実証している。

こうした実績から、農業強化や地域振興に生かせると判断し、企業や自治体に協力する形で普及を進める。パナソニック、丸紅、近江八幡市に本社を置く菓子製造・販売のたねや、草津市、守山市などと協力する。ただ、当面は今年1月に連携協定を結んだ京都府丹後あじわいの郷(京丹後市)を拠点に、丹後地域の6次産業化の推進や「食」に関する人材育成事業などに取り組む計画。

 

農研機構作物研究所 短期間で育つサツマイモ育成

農研機構作物研究所 短期間で育つサツマイモ育成

農研機構作物研究所は、短期間でイモが肥大する青果用サツマイモの新品種「からゆたか」を育成した。青果用サツマイモは1年間で5~8月の価格が最も高いため、高値出荷を狙った早掘栽培が行われている。通常品種ではイモを挿し苗してから1個200㌘に育つまで120~160日必要だが、からゆたかは100日程度で育つほか、収量も「ベニアズマ」に比べ1.6倍以上と多い。これまで栽培期間が十分に確保できなかった地域で、新規作付が可能になるという。佐賀県上場地区でジャガイモの後作として導入が見込まれているほか、民間種苗会社を通じて種苗販売を目指す。

農研機構が果実のパック詰めロボット開発 4割省力化

農研機構が果実のパック詰めロボット開発 4割省力化

農研機構生物系特定産業技術研究支援センターは11月26日、ヤンマーグリーンシステムと共同で、軟弱なイチゴの果実を傷つけずにパック詰めできるロボットを開発したと発表した。最大で6個の果実を同時に扱う。手作業に比べパック詰め作業を約40%省力化できる。2015年4月からヤンマーグリーンを通じて発売する。ロボット単体で500万円程度。

近畿大 イネの白葉枯れ病菌増殖の仕組み解明

近畿大  イネの白葉枯れ病菌増殖の仕組み解明

近畿大学農学部サイエンス学科の川崎努教授らの研究グループは、イネの病害の一つである白葉枯れ病菌が増殖する仕組みを解明した。病原菌のエフェクターと呼ばれるたんぱく質をイネの細胞内に送り込むことで、免疫応答を阻害し感染を拡大する。今回の研究で白葉枯れ病菌のエフェクターの種類を特定。イネの細胞に含まれる免疫たんぱく質に直接結合し、酵素活性を妨げることを突き止めた。エフェクターの分泌を抑える薬剤が見つかれば、白葉枯れ病菌に含む細菌病の解決に貢献できる。イネの細胞に含まれる免疫たんぱく質「OsPUB44」が、ユビキチンと呼ばれるたんぱく質を付加することで、免疫応答を制御する酵素であることが分かった。

真鯛に伊予柑の香り 愛媛県研究センターが加工技術開発

真鯛に伊予柑の香り 愛媛県研究センターが加工技術開発

愛媛県農林水産研究所水産研究センター(愛媛県宇和島市)は、養殖真鯛(マダイ)に伊予柑(イヨカン)の香りを効率よく加える技術を開発した。ジュースの製造時に回収されるイヨカンの精油を飼料に少量加えた。年内にも出荷が始まる見通しだ。

飲料製造会社のえひめ飲料(松山市)と共同で開発した。イヨカンの果皮に含まれる精油を使う。マダイの重さの0.1%分にあたる精油を飼料に加えると、魚の脂肪分に香り成分が移る。出荷の2週間前からイヨカンの精油を加えた飼料を与え始めれば、いけす内のマダイに行き渡るとみている。